「うつ」の人に頑張れって言ってはいけない?どうでもいい!

うつ病の人に頑張れという心の悩み
スポンサーリンク

うつ病の人に、頑張れって言ってはダメなのか?

うつ病の皆さん、どうでもよくないですか?

うつ病の辛さを知らない人に、何と言われようがその人気持ちが伝わってくればいいです。

となると、この記事が終わってしまうので、「頑張る」を国語辞書で調べてみました。

頑張る。とは

「頑張る」

➀途中の困難にめげず、最後までやり通す。

➁外圧などに屈せず、最初からの発言(沈黙)を守り抜く。

③持てる力をフルに出して、努力する。

④ある場所を占拠して、絶対動かないという姿勢を見せる。

う~ん。

うつ病どころか、病気の人に当てはまらないですね。

やっぱり、頑張れ!はこれでしょう。

運動会で頑張れと言う

      運動会!

受験の人に頑張れという

      受験!

しっくりきますね。

そもそも、病気の人に「頑張れ」はないでしょう。

じゃあ、お見舞いの帰りがけに何て言う?

「お大事に」でいいんじゃないかと思います。またまた辞書で調べてみました。

「お大事に」

➀病気見舞いの際に、いたわりの気持ちを込めて言う挨拶の言葉となる。

➁また、手紙分の末尾に添えて、相手の健康を祈る言葉として用いられる。

いい感じです。

「うつ」の人に頑張れと言っていいのか

うつ病で会社を休み始めた時は、本当にただただ寝続けました。

薬の効果もあると思いますが、会社に行かなくていいという安堵感もありました。

その時は、何も頑張りません。

ただ、会社に復帰してからは逃げること、頑張ってやってみることを実践していきました。

頑張ってやってみることで、「出来た」という自信につなげるためです。

そうしないと、いつまでたっても何もできないですから。

病気の状況により違うということですね。どの病気でもそうかと思います。

まとめると、何も言わないのが無難。

「では、また来ます」、「じゃあ、また来るね」、「なんか欲しいものがあったら言ってね!」

このような感じで変に気を使わないで、

気長に見守ってくれることが一番うれしいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました