定年後の仕事を55才から準備するべき。SNS活用!おすすめの仕事とは?

55才で定年の準備仕事のこと

55才になったら、第二の人生について考えましょう!

僕は現在52才です。そろそろ定年後の事を考える時期です。会社にどのような処遇でいられるか分かるのが55才くらいではないでしょうか。

現状維持か、給料が下がるか、別会社に出向になるのか。

モチベーションや収入面も含めて考えてみましょう!

1.55才で定年後を考える

今働いている会社の定年は65才でしょうか。

多くの会社で、55才か56才で役職定年になり60才まで正社員。

その後は雇用延長で65才まで働くことが出来るという規定ではないでしょうか。

いずれにしても、この先収入が減るのでお金の問題と、定年後の時間の使い方を考えましょう

スポンサーリンク

2.定年後1年くらい遊ぼうはダメ

30年以上頑張ってきたから、1年くらいのんびりしよう。

その後、何か楽な仕事でも探そうかな。

この記事を読んでいる人は、55才の時点で定年後を考えなくてはいけないと思っているから、のんびりしようとは思っていないのでしょう。

定年後、少し家の事を考えながらゴルフや釣りでもやろうかな?

奥さんと温泉旅行でも行こうかな?

そんなことは、3ヶ月で飽きてしまいます!

そもそも、奥さんはあなたが家にいる事を望んでいると思いますか?

答えはNOですね。

スポンサーリンク

3.定年前の55才からの仕事の準備

国家資格の取得を考えていますか?

例えば、

Ⅰ.ファイナンシャルプランナー

金融、税金、保険、住宅ローンなどのお金に関する知識ですね。

自分もこの資格は興味あります。仕事に活用できなくても自分の知識として勉強するのはいいですよね。

初級である3級ならば70%以上の合格率のようです。

元お笑い芸人ファイナンシャルプランナーが教える! 世界一笑えてわかりやすいお金の増やし方

Ⅱ.中小企業診断士

この資格は皆さんご存じでしょう。ちょっとかっこいいですね!

企業の経営判断ができ、独立出来る資格ですね。

ネットで検索すると、「○○中小企業診断士事務所」など出てきます!

合格率は1次試験20%、2次試験20%くらいのようです。

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2021年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

Ⅲ.マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

こちらは、パソコンのスキルですね。WordやExcelなどの試験で、マイクロソフト社の認定試験です。

仕事で使っていてスキルがあるのなら、その証明として活用できますね。

また、パソコンをあまり使ったことがなく勉強したいと思っているのなら是非いかかでしょうか。

どんな仕事でもパソコンを使えれば役に立つと思います。

資格を取ろう!MOSマイクロソフトオフィススペシャリストの案内書

Ⅳ.資格取得で注意する事

とりあえず資格を取得してから仕事を考えようとする場合、上手くいかないことが多いようです。

その資格に見合った仕事がないのですね。

もしくは資格を取得しても、実戦での経験が無いからペーパー知識になってしますのですね。

注意しなければいけないのは、資格のコレクターにならない事。

仕事を探すためだとしたら、むやみに資格を取得するのはやめましょう。必要な資格を取得しましょう。

とにかく資格を取得する事を第二の人生の目標とするなら別ですけど…

4.55才から会社での働き方

定年後の準備をする55才

役員を狙える人

62才から65才くらいまで会社に残れるとして、また7年から10年ありますね。

現在部長クラスで役員を狙える人は、頑張りどころをが分かっていると思うので狙ってみましょう。

ただし、定年は来ますから定年後の準備は必要です。

役員を狙えるとなると、経営の事は勉強が必要ですよね。仕事中でも堂々と「中小企業診断士」の勉強しながら自社やライバル会社の事を勉強してみてはいかがでしょうか。

そしてちゃっかり、「中小企業診断士」の資格を取ってしまう!

みんなが欲しかった! 中小企業診断士の教科書 (上) 2021年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

経営に近くなれば幅広い知識が必要ですので、仕事中にも様々な勉強をして仕事に活かし、同時に定年後に活かせる勉強をしましょう!

出世を狙えない人

55才になり出世を狙えない人は割り切りが必要ですね。

年下の上司の元で仕事をしている人も多くいると思います。

仕事はいかがでしょうか。ベテランになり自分の仕事はさっさと出来るようになっているのではないでしょうか。

割り切って仕事をさぼっていると、不慣れな部署に異動させられてしまうので仕事はしっかり行いましょう。

人間関係は良好に保ちましょう。

ただし、残業はしないで定時に帰り定年後のために勉強する事をおすすめします。

もし家に早く帰りすぎて、奥様に邪魔者扱いされるようでしたらマクドナルドや図書館などで勉強してから変えるようにしましょう。

1日2時間でも勉強して帰れば、1ヵ月40時間も勉強できますね!

仕事は頼りにされつつ、定時で帰り勉強する。これがベストの働き方だと思います。

スポンサーリンク

5.定年後になる前の55才からSNS活用

Facebook、InstagramやTwitterは知っているだけ、登録しただけで活用していないのではないでしょうか。

Facebookは個人が特定されるので恥ずかしい事がありますが、InstagramやTwitterは個人が特定できないので失敗したら削除すればいいのですから活用してみませんか。

見るだけではなく、自分のアカウントを開設するのです。

写真が好きな人はインスタ(Instagram)、写真は撮らない人はTwitterがいいですね。

ポイントは、「新しいものに触れて世の中がどのように変わっているのか」を知る事です!

そして、名前も顔も知らない人たちと交流してみましょう。

新しい発見があるでしょう!

新聞や小説も良いですが、「若者が使うもの」と考えずに積極的に使ってみましょう。

僕も活用しています。

スポンサーリンク

6.定年後が近づいた55才からの人脈

あなたは会社外に、親交がある人はいますか?

学生のころからの友人であったり、ご近所さんくらいですか。

無駄な人脈はいりませんが、サロンや勉強会などに参加して交流を増やしてみましょう。

定年後の仕事や、必要な資格などは知り合いからの情報が一番確かですね。

会社以外の人とコミュニケーションをとるようにして有益な情報を得ましょう。

会社を辞めたら家族以外に話す人がいない!よくあるパターンのようです。さみしいですね今から考えてみましょう!

7.55才からのブログ

まさに、このブログですが50才過ぎてから始めました。自分の今までの経験などを発信して世の中の役に立ててはいかがでしょうか。

そのつもりで僕も作っています。ブログについて興味があったらこの記事を見てください。収益も少しだけどあります。

こちらは定年後の仕事の趣旨とは違っていますが、このような事も時間をつくってやってみるのも経験としてよいかと思います。

僕もライティングスキルや、商品の勉強になっています。

最近のAmazonの経済書のランキングです。

Amazon2022年5月25(最新)ビジネス・経済書ほしい物ランキング

1位

2位

3位

4位

5位

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました