何科に行ったらいいの?うつの診断には心療内科、神経科?

病院の選び方心の悩み

うつ病の方は何科で治療していますか?患者目線で調べてみました。

僕は、精神科で治療をしています。自分が住んでいる、市内では大きい病院に、精神科があったからです。

もちろん最初は身体のどこかが悪いと思い、小さな病院の内科を受診しました。

血液検査程度でしたが悪いところは見つからず、別の大きめな病院で心臓を検査してもらいました。

そこでも原因はわからず、ついに行きたくはなかったですが精神科にたどり着きました。

結論から言うと、神経科、精神科が最適です。

1.何科にいったらいいのか?

厚生労働省のホームページで調べてみると、関連しそうな所は➀心療内科、➁神経科、③精神科、④神経内科ですね。

この中でどこに行けばいいでしょうか。

なんとなく、➀の心療内科がいいですね。なんかソフトな感じで。

何科にいけばいいのか

科目別に厚生労働省のホームページから引用します。

心療内科

「心療内科」は心理的な要因で身体の症状(胃潰瘍、気管支ぜんそくなど)が現れる、いわゆる「心身症」を主な対象としています。しかし、「心療内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を診ている医療機関がたくさんあります。ただし、こころの病気を全て診るわけではなく、軽い「うつ病」や「神経症性障害」など一部のこころの病気しか診ないところもあります。

精神科、神経科、精神神経科

「精神科」、「神経科」、「精神神経科」は同じものです。どれかが書いてある場合や、併記してある場合は、「うつ病」「統合失調症」「神経症性障害」などのこころの病気を診ている、精神科の医療機関と考えて間違いありません。

神経内科

「神経内科」は、パーキンソン病や脳梗塞、手足の麻痺や震えなど、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。精神的な病気を主に診ているわけではありません。しかし「神経内科」と看板に書いてあっても、実際にはこころの病気を含めて診ているところがあります。また、「認知症」や「てんかん」は、精神科でも神経内科でも診ています。

これらを見ると、精神科、神経科、精神神経科が適しているようです。

しかし、心療内科ではダメということはないようです。

心療内科は新設した科目ですが、そのソフトな名前から神経科の先生たちが受診のハードルを下げるために診療科目として採用することもあるようです。

ですから、心療内科という科目でも神経科(精神科)の専門の先生もいるとのことです。

エース
 

調べていて分かったのですが、医師免許があれば麻酔科、歯科以外は何でも診療科目にできるそうですね。

2.何科がいいのかは医者次第

結局、そこの先生次第ということになりそうです。

心療内科であっても、神経内科であっても。

病気での通院は大変ですから、近くにある神経関連の病院がいいと思います。

なかなか先生とコミュニケーションが取れないようでしたら、病院を変えた方がいいですね。

うつ病は、患者の状態と発言がすべてなので、よく診てよく聞いてくれない先生はおかしいです。

僕もそうですが、内科を何度も訪れる人が少なくないようです。

最初は嫌かもしれませんが、早めに精神科関連の病院に行きましょう。

もし病院はよさそうなのだけど、もうちょっと何とかならないかと思っている人は、

食事の見直しもいかがでしょうか。

このような本👇がありますので是非確認して下さい。

マンガでわかる 食べてうつぬけ 鉄欠乏女子救出ガイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました