自分で調べた、「うつ」の薬の種類。副作用があるから飲みたくないですか?

うつ心の悩み
スポンサーリンク

うつ病治療中のサラリーマンです。

今はデパス(エチゾラム)とセルシンを服用していますが、うつ病の薬はどのようなものがあり、どのような効果があるのか調べてみました。

最初の記事はこちらです。

仕事を辞めたい。うつかも?ストレスかも?20代の体験談です。
仕事を辞めたい理由は何ですが。体調が悪くてい行けないのですか。ストレスを感じていますか。自分の20代から30代にかけての体験談を書いてみます。早めの対応が必要です。

1.抗うつ薬

うつの症状は、

  1. 気分が落ち込む
  2. 喜んだり、楽しんだり出来ない
  3. 外見や服装を気にしなくなる
  4. 睡眠障害
  5. 食欲不振
  6. 出かけたくなくなる

上記が代表例です。

これに対して、医師は下記のような抗うつ薬(脳内の伝達物質の機能を回復させる)を選択します。

  1. プロメール、ルボックス、パロキセチン、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ
  2. トレドミン、サインバルタ
  3. レフレックス、レメロン
  4. レスリン、デジレル

薬の分類により4つに分けましたが、現在主流の抗うつ薬です。

この中から1つと睡眠薬、気分安定薬などを一緒に処方するようです。

2週間程度試して、効果があれば継続し効果がなければ量を増やす、またはこの中から違う薬を再選択するようです。

エース
 

患者の僕が調べた範囲で、書いております。

ここで、みなさん。効果って分かりましたか?

目に見えない、数値で測れない病気なので、皆さんの回答次第なんです。

薬にはだるさなどを含めて副作用もありますので、回復しているのか悪くなっているのか、分からなくなりそうです。

しっかりと症状を、良い悪いではなくお医者さんに伝えることですね。

自分も出来ていませんでしたが、すべての症状を伝えることが重要になると思います。

うつの薬が効かない

2.抗不安薬

ところでみなさん、今飲んでいる薬は抗うつ薬ですか?

僕が、飲んでいる薬はデパス (エチゾラム) とセルシンなので、違うようですね。

今飲んでいる薬は抗不安薬のようです。

一般的な抗不安薬を、効果の長さで分類してみます。

  1. 短:グランダキシン、デパス、リーゼ
  2. 中:コンスタン、ワイパックス、レキソタン、ソラナックス
  3. 長:セルシン、セパゾン、メイラックス、ホリゾン

あまり気にせず飲んでいましたが、効果の長さにも違いがあるようです。

デパス (エチゾラム) が6時間程度、セルシンが1日くらいのようです。

ちなみに薬と一緒にもらう印刷物の【お薬のはたらき】には、

デパス:強い不安感やイライラ等の精神症状を改善し、気分を安定させるお薬です。

セルシン:気持ちを落ち着かせ、緊張や不安を和らげるお薬です。

と書いてあります。

みなさん、自分の症状と飲んでいる薬の効果は合致していますか?

改めて調べてみると今服用している薬は違うんじゃないかと僕は思ってきています。

3.調べてみたまとめ

ご存じの方が多いと思いますが、抗不安薬には依存性が高いという問題があります。

自分は、薬の量は増えていませんが20年以上続けています。本当はやめたいのですが、あの時の辛さをもう二度と経験したくないので、予防としての効果も期待して飲んでいます。

2か月ごとに通院していますが、いつも・・

いかがでしたか-?

エース
 

変わりないです。

これで、診察終了です。

薬をもらいたいだけなので、めんどくさいから症状はいいません。大して変わりないし。

しかし、今振り返るとちょっと考えてみようかと思います。

まさか、薬の副作用を抑えるために薬を飲んでたりして。

今度、副作用についても調べてみます。

病院の選定についてはこちらに書いています。

何科に行ったらいいの?うつの診断には心療内科、神経科?
僕もそうですが、内科を何度も訪れる人が少なくないようです。通院は大変ですから、近くにある神経関連の病院がいいと思います。うつは、患者の状態と発言がすべてなので、よく診てよく聞いてくれない先生はおかしいです。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました