結婚相談所を本気で選ぶなら運営会社のランキング必見!会員数で選んではいけない!

結婚相談所情報

結婚相談所はたくさんあり迷ってしまいますね。決め手は何でしょうか?成婚率?会員数?費用?

ここでは新たな切り口として、運営会社の経営状況から探ってみようと思います。運営会社の状況と、いい人とのめぐり逢いは関係ないかもしれませんが、経営状況がいい会社は人気がありサービスも良いはずです。

逆に言うと人気がありサービスが良ければ経営状況も良くなるはずです。当然サービスが悪く、人気がなければ経営は悪化します。

運営会社と経営状況を調べてみました。まず最初は一般的な情報と費用を比較してみます。

1.登録人数と半年間にかかる費用

サービスパートナー
エージェント
IBJメンバーズツヴァイゼクシィ縁結び
エージェント
エン婚活
エージェント
サービス
登録会員約29,353名(約65,000名)*1(約90,000名)*1約29,000名約30,000名登録会員
タイプ仲人仲介データ
マッチング
データ
マッチング
データ
マッチング
データ
マッチング
タイプ
初期費用125,000円165,000円98,000円30,000円9,800円初期費用
月額14,000円~15,500円13,800円~9,000円~12,000円~月額
成婚料50,000円200,000円0円0円0円成婚料
半年で成約
した場合
259,000円458,000円207,800円84,000円81,800円半年で成約
した場合
サイトパートナーエージェントIBJメンバーズツヴァイゼクシィ縁結びエン婚活

*1 日本結婚相談所連盟の登録者も含みますので、単独での会員数ではありません

*平均的なプランで選んでいますので、詳細は各ホームぺ時で調べてください。価格の改定もあると思います。

・半年で成約した場合の費用

半年間で成約した場合の費用を計算しましたが、81,800円~458,000円まで差が開いています。特にIBJメンバーズの成婚料200,000円はすごいですね。ただし目的を遂げられ、今後費用がかからないのだからいいのでしょう。

・登録者について

まずは登録者の人数を見ると、「ツヴァイ」が92,000人で圧倒的に多いですね。ただしこの人数には注意書きがあって、日本結婚相談所連盟に登録されている人数も含んでいるのです。

日本結婚相談所連盟とは、なんと「IBJメンバーズ」を運営している株式会社IBJが運営しているのです。

ですので、IBJメンバーズの65,000人が含まれているので、「ツヴァイ」単独では27,000人という事です。

株式会社IBJは「IBJメンバーズ」「ツヴァイ」を運営し、その他にも「サンマリエ」などもグループ会社として運営しており結婚相談所は結構つながっているという事です。

登録者人数については、横並びと考えたほうがいいと思います。

・タイプについて

仲人仲介は人が介在しカウンセリングしているタイプで、データマッチングはコンピューターである程度選んでくれ自分でお見合いを依頼するものです。パートナーエージェント以外はデータマッチングです。現在の主流はデータマッチングタイプとなりますが、各社色々なプランを用意していますので、確認して決めましょう。

2.運営会社からみた、結婚相談所ランキング

分かる範囲で現在(2021年3月)の経営状況を調べてみました。エン婚活エージェントはパートナーエージェントから独立した会社であったり、ツヴァイはIBJメンバーズの子会社であったり関連性があることが分かりました。

表中に書かれている自己資本比率は、借金がどれだけ多いかを表し、数値が高いほど安定している会社と言えます。一般的に40%以上ならば潰れないと言われています。

サービスパートナー
エージェント
IBJメンバーズツヴァイゼクシィ縁結び
エージェント
エン婚活
エージェント
サービス
運営会社タメニー(株)(株)IBJ(株)ZWEI(株)リクルートマーケティングパートナーズエン婚活エージェント(株)運営会社
設立2006年2006年1984年2012年2016年設立
資本金4.4億円7億円4.6億円(400億円)1.7億円資本金
従業員474名1,042名123名1,250名25名従業員
売り上げ
(百万円)
8,18713,0721,671(2.4兆)100売り上げ
(百万円)
経常利益
(百万円)
411,518-159(1,800億)55経常利益
(百万円)
自己資本比率18.7%40.8%(40.8%)(49.8%)   ―     自己資本比率
備考   ー      ツヴァイ、
サンマリエのグループ会社
(株)IBJの子会社になるリクルートグループタメニー(株)
から独立
備考
*2018年~2020年直近で調査することが出来た情報です。詳細は各運営会社まで。

*リクルートマーケティングの()内の情報は、リクルートの情報です。

本題の運営会社の状況で並べてみます。

NO1 ゼクシィ縁結びエージェント

リクルートグループの株式会社リクルートマーケティングパートナーが運営しており、単独での売り上げは分かりませんでしたがグループで2.4兆円です。カーセンサーやスタディサプリも運営し従業員1250人の大企業です。安心して登録できると思います。

詳細はこちら ゼクシィ縁結びエージェント

NO2 IBJメンバーズ

(株)IBJが運営しており、サンマリエやツヴァイの親会社です。自己資本比率は安定と言われている40%以上あります。企業自体は問題なく、結構相談所間の連携も強みになるでしょう。

詳細はこちら  IBJメンバーズ

NO3 ツヴァイ

(株)ZWEIは赤字決算となりましたが、IBJグループの傘下になりました。現在の経営状況はIBJと同じと考え安定と言えるでしょう。メディアでのPRをたくさん行い会員数を増やしている会社です。

詳細はこちら  ツヴァイ

NO4 エン婚活エージェント

タメニー株式会社から2016年に独立して勢いがある会社だと思います。規模は大きくありませんが新たなサービスなど期待できるかもしれません。

詳細はこちら  エン婚活エージェント

NO5 パートナーエージェント

タメニー株式会社は自己資本比率が低く会社は安定しているとはいえません。(2021年2月現在赤字になりました)これからの立て直しをどのようにしていくのか確認したいです。

詳細はこちら  パートナーエージェント

運営会社の状況で判断してみました。参考にしていただき各相談所のホームページで確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました