賃貸のエアコンがカビ臭い!大家さん?入居中の掃除は自分?

賃貸のエアコンがカビ臭い情報

賃貸物件に住んでいて、エアコンの匂いで困っている人は多いようです。

入居を決めるときに気づけばいいのですが、下見の時にエアコンの匂いまでチェック出来ないですね。また、入居中臭くなった場合はどうしたらいいか迷うと思います。いずれにしても自分ですぐに対応するのはやめましょう。

自分のものではないので慎重に対応しましょう。下記の業者、

【おそうじ本舗】 

【ダスキン】 

を紹介しますが、手順を踏んで考えてから対応しましょう。

1.賃貸のエアコンのカビ臭い対応

下見や入居を決めた時にエアコンの臭いはすぐには分からないと思います。特に春や秋に入居したときはエアコンはすぐに使わないので、2~3ヶ月後に初めて気づく事もありえます。

入居後、数ヶ月たったとしても、季節的に考えて使い始めであるなら管理会社(大家さん)に相談し清掃を依頼してみましょう。契約書には故障の場合しか書いていないかもしれませんが、自分に落ち度がない場合は依頼するべきです。フィルター程度の清掃では臭いは取れないと思いますので、そのまま触らずに相談したほうがいいと思います。立ち合いでエアコンの中を見て、汚れがあったら明らかに大家さん側の責任ですね。使ってないのですから。

2.賃貸のエアコンのカビ臭い:入居後

入居後、1シーズン後に臭いが気になった場合は大家さんの責任にするのは難しいと思います。ただし勝手に掃除をするのはやめましょう。下記のように安く済ませようとしてスプレー洗浄などすると、壊してしまう可能性もあります。費用は自分持ちになる可能性が高いですが、管理会社(大家さん)に相談してアドバイスをもらってから対応しましょう。もしかしたら大家さんが清掃料金を払ってくれるかもしれないし、安い清掃会社を紹介してくれるかもしれません。

Amazonなどネットショップで下記のようなスプレーを売っていますが、自分のもではないので注意して使用しましょう。


3.賃貸から退去する時のエアコンの掃除

退去時の掃除は、通常通りフィルター、ルーバー(風の吹き出し口)とカバー程度で十分です。無理に掃除して壊してしまったら大変ですね。

注意しなくてはいけないのは「原状回復」です。これでトラブルを起こすケースが多いのです。原状回復は住み始めた時のように、元の状態に戻す事ですが、経年劣化は含まれません。要するに通常に住んでいて劣化してしまった場所は元に戻す必要はないのです。

例えばフローリングの多少の日焼けや傷などは、住んでいればしょうがない事なのですが大家さんから修復代を請求される場合がありますので、支払う必要がないと思う事はしっかりと拒否しましょう。

ただし、タバコの黄ばみは入居者の責任となるので注意してください。部屋でタバコを吸わないのが原則なのですね。

4.賃貸のエアコンがカビ臭い時の掃除

入居中エアコンの臭いが我慢できなくて、大家さんに相談しても自分で対応する必要があったら業者を検討してみましょう。

業者を3つ紹介します。

  業者  詳細 予算
おそうじ本舗【おそうじ本舗】12,100円
ダスキン【ダスキン】14,300円

Ⅱ おそうじ本舗

197万台以上のエアコンクリーニングの実績があり、全機種、全メーカーに対応しています。名前の通りおそうじ専門業者です。全国に店舗がありますので、気軽に相談してみましょう。

賃貸のエアコンがカビ臭い

詳細はこちらから>>おそうじ本舗 無料見積もりはこちら

Ⅲ ダスキン

正式名称はダスキンのフランチャイズ加盟店の株式会社ほずみが運営している「ダスキンほずみ」というようです。従業員は280名(2021年)の会社です。ダスキンの冠を背負っているので値段は一番高いですが安心感は一番です。

賃貸のエアコンがカビ臭い

ダスキン サービスマスター「エアコンクリーニング」

YouTube動画で掃除の仕方が分かりますので、安心してお願いできそうです。

5.賃貸のエアコン掃除のまとめ

毎日使うエアコンの臭いは我慢したくないですね。1万円台で我慢しなくてよくなるなら思い切って頼んでみましょう。自分で掃除するのもいいですが、賃貸物件は他人のものですので、壊してしまうリスクは怖いですね。

まずは、管理会社(大家さん)に連絡し、健康で気持ちの良い生活を過ごすために対応を考えてみましょう。

壁紙の汚さはこちらの記事を参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました