産経新聞で紹介されました!聞こえる世界をレンタルしてみませんか?

骨伝導補聴器身体の悩み

下記のような症状がありますか?

1.片耳もしくは両耳での聴こえを諦めていませんか?

2.「最近、耳の聴こえが悪くなってきたんじゃない?」と言われていませんか?

3.家でテレビを見るときや大勢の会議など、特定のシチュエーションで聴こえに不自由を感じていませんか?

4.鼓膜に負担をかけずに音を聴きたいですか?

仕事で下記のような問題がありますか?

テレワークをしているけど、パソコンからの音が聴き取りにくい

このような方に、骨伝導式の補聴器をおすすめします。お子様からお年寄りまで幅広い世代でご検討ください。

まずは聴き取りにくい人のタイプを分類します。

伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)

外耳と中耳が正常に働くなることで音が伝わらなくなる症状です。大きな音なら聞こえるので補聴器などが有効です。

感音性難聴(かんおんせいなんちょう)

音を感じる内耳とそれよりも内部の神経の障害によって起こります。症状により感じ方が違いますが、音がゆがんだりするので補聴器などで大きな音を出しても聞き取りにくく、骨伝導の補聴器も効果がない時もあります。

混合性難聴(こんごうせいなんちょう)

伝音声難聴と感音性難聴の両方の障害が混合した状態です。老人性難聴などはこの状態が多いようですので、補聴器だけでケアが出来ない場合があります。

骨伝導補聴器は伝音性難聴の方に効果が出やすいようですが、その他の人も試してみる価値はあると思います。

今まで聴こえなかった人が、聴こえるようになった事例もありますので検討してみませんか?

それでは、おすすめの骨伝導補聴器です。

  おすすめの骨伝導補聴器 Vibone nezu

首にかけて、イヤホンを耳に入れるタイプです。イヤーパッドはSMLの3種類用意されているので、耳の小さなお子さんから耳の大きい人までフィット感が得られ、圧電セラミック振動子の発するクリアな音を感じることが出来ます。白と黒の2種類あります。

前面に、マイク、感度を切り替えられるフォーカスボタン、モード切替ボタン、電源ボタンがついてます。モード切替ボタンは➀周囲の音を聞く、➁スマホにつないで音を聞く、③両方聞く、3種類切り替え可能です。

3.5㎜ステレオミニジャックがついているので、スマホにつなぎ電話や音楽を聴くことも可能です。また、パソコンにもつなぐことが出来るのでテレワークを始めようとしている人、始めているけど聞き取りにくい人もぜひ試してみて欲しいです。

片耳が聞き取りにくい人の為に、ボリュームの調整が左右別々に出来るので、それぞれの耳に音量を合わせることが出来ます。

一度試してみたい人の為にレンタルも出来ますので、確認してみてください。

*2021年3月7日産経新聞に紹介されました!

難聴者に「聞こえる世界」を、と題して創業者である田中哲廣さんによる開発の経緯などが取り上げられました。

聴こえる世界を

最後に、購入した人からの声です。片方の耳から生まれて初めて音を聴くことが出来た人もいます。

骨伝導という技術の進歩により感動的な声ですね。同じ骨伝導でもメーカーによる違いもあるので是非試してみませんか?

難聴者の声

コメント

タイトルとURLをコピーしました